紅型松本紬首里花織北村武資

SELECT

いけだや好み、三代目セレクト。

松本紬

信州紬の中でも独自の発展をしてきた、松本紬。

光佳染織

松本紬は、信州紬の中でも民芸活動の影響を強く受け、独自の発展を遂げてきました。

いけだやでは、松本市内で染織活動を続けている光佳染織さんとお付き合いさせていただき、お客様に松本紬を紹介しています。

琉球染織、藍染め・・・様々な技法と意匠を取り入れ、希少価値の高い織物を創作しています。いけだやイチ押しの銘品です。

北村武資

二つの人間国宝の技を持つ、北村武資さんの帯。

北村武資

「羅」と「経錦」の二つの技術で人間国宝に認定された北村武資さん。

今までにないものを…誰もやってないものを…探し求め、羅と出会い、もじり織と呼ばれる不思議で美しい織物を再現しました。

また正倉院に眠る「経錦」の復元にも成功。幻の織を復元しました。

高い技術に裏付けされた、日本の最上級のエレガントが、ここにあります。

琉球染織

琉球のエスニックな染織に、魅せられる。

紅型

南国の太陽ときれいな海、そしてあの独特の音楽。沖縄の魅力にとりつかれる人が多い。染織も、本土のものとはひと味違う独自の色と織で発達してきた。

染は、沖縄の熱い太陽を象徴するような、あざやかな紅型のきもの。

織は、花織や芭蕉布など、素敵なものがいっぱい。

いろいろ琉球染織の品をご用意しています。お気軽にご覧ください。

本場黄八丈

上品な光沢としなやな風合いの黄八丈。

本場黄八丈

昔懐かしい黄八丈とは、ひと味違う山下八百子さんの本場黄八丈。

山下さんは代々、八丈島で黄八丈を織り継ぎ、上品な光沢としなやかな風合いの黄八丈を織り続けていました。2009年に他界してしまいましたが、山下さんの残した黄八丈の風合いは、代々受け継がれていきます。

吉野間道

粋でおしゃれな縞模様。

吉野間道

江戸の三大名妓とうたわれた吉野太夫に京都の豪商の灰屋紹益が贈ったといわれる吉野間道。浮織で、太縞と細縞に打ち込み独特の風合を出していきます。吉野間道の第一人者、藤山千春さんのおしゃれ名古屋帯。とっても粋な作品です。

ページトップへ